イエスの言葉は権威がある(10月30日礼拝メッセージ)


イエスの言葉は権威がある(10月30日礼拝メッセージ)
ルカによる福音書4章31節~44節

◆要 旨
 ここで権威と訳されているのは「エクスーシア」という語。日本語で「権威」が持つ意味に加えて、「神様や神的なもの、それに類するものに源泉を持つ」という意味あいが強い言葉である。

 だから、イエスの言葉には「エクスーシアがある」(4:32)というのは、「他を服従させるような威力」があり、「その道で第一人者としてみなされる(例:聖書学の「権威」)」ということであった。

 「新約聖書神学事典」(通称キッテル)は、新約聖書におけるエクスーシアのコンセプトについて、次のようにまとめている。(1)全ての世界の力や道理の源は神である。その神だけに固有(プロパー)の活動は絶対に実現する実現性(2)自然の力(火を支配するエクスーシア=黙示14:18)。
 (3)神の意志はサタンの支配圏を取り包んでしまっている(天の父は私たちを暗闇のエクスーシアから救い出して=コロ1:31)。悪自体が強力なものである、それ以上に、にもかかわらず悪は、神がもうそれを凌駕してしまっているところにその最後の秘密(ファイナルミステリー)がある(荒野の誘惑)。
       ◇
 「エクスーシアと力をを以て汚れた霊に命じると、出て行く」(36)とも記されている。
 悪霊問題に関する解釈は、幅が広く分かれる(「悪霊など存在しなく、それはものの喩えに過ぎない」「積極的に悪霊を“追い出す”ことをすべき」etc)が、みことばにしばしば出ることだからまじめに考えなければならないだろう。エクスーシアの定義の(3)を考えてみなければならないと思う。